遺伝と白髪の関係

遺伝性白髪!

年をとってから白髪になるというのは普通だけど、若いのに白髪が目立っている人も少なくありませんよね。
なぜ若いのに白髪になるのかというと、人によって原因は色々ですが、遺伝的なものや病気なども考えられます。
遺伝と白髪の関係はよく言われることですが、髪の毛の根元にはたんぱく質があり、それを作るための遺伝子の量が少ないと、色素細胞の増殖力も減り白髪になってしまうそうです。
若い人で、ものすごく白髪が多い人って、こういった遺伝的な要素が原因となっているケースが多いのかもしれませんね。
遺伝以外にも白髪になる原因は色々あるそうですが、白髪予防の研究は年々進んできているので、そのうち白髪に効く特効薬みたいなものが発売されるようになるかも。
白髪があるのとないのとでは、人からの印象って随分違いますよね。
白髪が多いと、それだけでかなり老けてみられるだろうし、外見の印象を良くするためにも、白髪予防には気をつけなきゃいけないでしょうね。
白髪って一本生え始めると、あっという間に広がっていくっていうイメージもあるし、最初の一本ができないように、できれば若い頃から白髪予防に努めていかないとね。
白髪は一日にしてならず!ですから。